G検定関連

2012年にDeepLearning登場 CNN を利用した『AlexNet』

ジェフリー・ヒントン教授が率いるトロント大学のSuperVisionチームが写真データに写っている物体を特定する人工知能をディープラーニングで ...

G検定関連

人工知能(AI)とは(人工知能の定義)

アーサー・サミュエル(1901-1990)

・ベル研究所・IBM(1949~)
・ハッシュテーブルを考案
・サミュエル チェッカーズ-Playing Program(チ ...

G検定関連

ディープラーニングにおいては大量のデータをまとめて扱い、それらの演算によって学習や予測を行うことが多い。
例えば、数値を縦方向に1列に並べたベクトルや縦方向・横方向に並べた行列を用いて、順伝播計算・逆伝播計算を行う。

G検定関連

例:

文章入力欄に「検査の単価は、検体を検査機関に輸送する必要がある場合は1万8000円と決まりましたが、窓口負担分も全額公費で補助されるため、自己負担は発生しません。」

と入力すると

検査の(   ...

G検定関連

サポートベクターマシン は2クラス分類のアルゴリズムとして考案されました。 しかし、 非常に性能が良いので現在は多クラス分類や回帰問題にも応用されています。

サポートベクターマシンを回帰問題に応用した回帰分析手法をサポート ...

G検定関連

対数オッズを線形回帰

対数オッズをロジット変換

最大確率

正規化

G検定関連

排他的論理和(はいたてきろんりわ、英: exclusive or/exclusive disjunction)とは、ブール論理や古典論理、ビット演算などにおいて、2つの入力のどちらか片方が真でもう片方が偽の時には結果が真となり、両方と ...

G検定関連

勾配消失問題とは、機械学習手法のひとつであるニューラルネットワークの設計において、勾配が消失することで学習が進まなくなる技術的な問題のことです。

ニューラルネットワークによる学習を行う際、最もシンプルなモデルである単純パー ...

G検定関連

LSTM は、 記憶 を 保持 できる LSTM ブロック を 隠れ 層 に し た もの です。

LSTM ブロック の 内部 構造 は、 記憶 セル・入力 ゲート( input gate)・入力 判断 ゲート( inp ...

G検定関連

リカレント・ニューラル・ネットワーク

ディープラーニング は、 画像認識 の 分野 だけで なく、 音声認識 の 分野 でも 画期的 な 性能 を 発揮 し まし た。
CNN が 扱う 画像 データ は 二次元 ...

G検定関連

BERT( Bidirectional Encoder Representations from Transformers)

Google AI 双方向Transformer で言語モデルを事前学習することで汎用性を獲得し ...

G検定関連

kNN法はクラス分類のアルゴリズム

クラス判別用の手法。
学習データをベクトル空間上にプロットしておき、未知のデータが得られたら、そこから距離が近い順に任意のK個を取得し、多数決でデータが属するクラスを推定する。 ...

G検定関連

教師あり学習・ホールドアウト法

ホールドアウトって 〔腕を〕伸ばす・〔手に何かを持って相手に~を〕差し出す、提供する、提出する・〔最後まで〕持ちこたえる、辛抱する、粘る、耐える、抵抗する・〔食糧が〕もつ・〔希望を〕抱かせる ...

G検定関連

学習済モデルが、学習に用いていない未知のデータに対しての予測値が悪いままになってしまう問題。→正則化

学習期間が長すぎたり、訓練データが典型的なものでなかった場合、学習者は訓練データの特定のランダムな(本来学習させたい特徴 ...

G検定関連

これは、英語の和訳かな?

教師あり——入力と対応する正解をつくっておいて、それを使って、予測器を正解ラベルに近づけることを目標に学習を行う手法——ビッグデータ

現 ...

G検定関連

神経の働きをシミュレーションしたニューロコンピューターにより、脳内の神経細胞の働きは一部が再現可能となっています。

20年以内にはコンピューター内のニューロンの数は人間の脳の数を超えることができ、コンピューターが意識を持つ ...

G検定関連

フレーム問題っていう言葉があります。

まったく「無」の状態でこんな言葉を聞くと、「フレーム」って何?問題って何?

、、、、っていうことで、これはAIの世界での慣用句の話ですので、ちょっとメモ。

哲学 ...

G検定関連

入力 →中間(隠れ)→出力

パーセプトロンと何が違うのか

→パーセプトロンはニューラルネットワークのもとになる単純な識別器。
パ-セプトロンは線形分離が可能。

多層パーセプトロンは非線形な活 ...

G検定関連

1950年代・機械翻訳はやったけど実用的には至らなかった。らしい。そりゃそうだ。

※ちなみにディープラーニングは第3次ブーム(第3次ブームは機械学習とデープラーニング(深層学習))

第2次ブームのエキスパートシ ...

G検定関連

アーサーサミュエル「明示的にプログラムしなくても学習する能力をコンピュータに与える研究分野」

機械学習は手法

深層学習ははアルゴリズム

G検定関連

「チューリングテストは、ある機械がAIかどうかを判断するためのテスト」って書いてあるけど、そんな昔の話やったっけ?

具体的には、機械であることを伏せて会話させて、相手が機械であるかを人間に判断させて、それが機械やと判断した ...