シンギュラリティ=技術的特異点・レイ・カーツワイル博士の2045年問題

神経の働きをシミュレーションしたニューロコンピューターにより、脳内の神経細胞の働きは一部が再現可能となっています。

20年以内にはコンピューター内のニューロンの数は人間の脳の数を超えることができ、コンピューターが意識を持つことが可能になると言われています。

「 AIが人間の脳を超える 」という段階は、少なくとも人類の想像をはるかに越える速度で近づいていると言えるでしょう。

シンギュラリティはいつ起こるのか

レイ・カーツワイル博士は、「 少なくとも2045年までには人間と人工知能の能力が逆転するシンギュラリティ(技術的特異点)に到達する 」と提唱しており、これは「 2045年問題 」と呼ばれています。

永続的に人工知能が進化するということは、人工知能が自らを改良し、人工知能が人工知能を生み出すことを可能とし、事実上、人工知能の開発が人類最後の発明となることを意味しています。

ほんまかいな。

レイ・カーツワイル「2045年」
ヒューゴ・デ・ガリス「21世紀後半」

イーロンマスク「危機感→オープンAI」

オレン・エツィオーニ「AIが世界制覇は馬鹿げている」

ヴァーナ・ウィンジ「シンギュラリティは機械が人間の役に立つふりをしなくなること」

スティーブン・ホーキング「AIの完成は人類の終焉を意味するかもしれない」