kNN法(K近傍法 k Network Neighbor)とk-means法(教師なしの手法)は目的が全然違う

kNN法はクラス分類のアルゴリズム

クラス判別用の手法。
学習データをベクトル空間上にプロットしておき、未知のデータが得られたら、そこから距離が近い順に任意のK個を取得し、多数決でデータが属するクラスを推定する。

・各クラスの偏りがない
・うまいこと分かれている

ときだけ精度がマトモ。

k-means法はクラスタリング手法のひとつ

クラスタの距離で重心をとり、位置をずらしていく